水曜日, 8月 09, 2017

10歳からダイビングができます、が、水泳が先です

ハワイ島・モンクシール・ダイビング

10歳からダイビングの講習を受けられます。夏休みに入りお子さんをダイバーにするご家族が増えています。

最近は「子供がしたいと言っているので」と海で泳いだことがない親御さんが付き添いだけでいらっしゃいます。

そこで、親として確認すること。監督する際に特別な配慮が必要です。

親がダイバーでもダイバーでなくてもダイビングの危険性を知る。ボートの危険性や、医療施設から遠隔地でダイビングが行われる事、長時間の旅行を伴う、など海の外での活動の危険性も含まれます。

子供に無理をさせない。子供の時に過度に怖い思いをすると後の人生にトラウマとして残ってしまうことがあります。

子供の限界に合わせる。気温や水温など環境の変化に対する体の反応は大人と違います。大人は我慢できても子供には無理な場合があります。また、子供はそれを口に出さないことがあるので予期が必要です。

体力も考慮。重いタンクやウエイトを扱い泳力も必要なダイビングです。10歳でも体力や体つきに個人差があるのでそれも考慮に入れましょう。

子供には水泳を教えましょう。泳げることは一生の財産になります。ダイビングは泳げなくても大丈夫とよく言いますが、子供の場合は当てはめない方がいいと思います。

こんな順番で水に慣れていきましょう。

1.頭からシャワーを浴びれる。

2.浅い子供のプールで水遊び、飛び込み、滑り台で遊べる。

3.競泳用プールで泳げる。街や学校の水泳教室に行く。

4.海で泳げる。波があるビーチで遊べたりシュノーケルができたり。

5.体験ダイビングに挑戦してみる。

6.ダイビングライセンス講習に参加。

子供ダイバー認定の詳細はこちらを参考にしてみてください。http://bit.ly/2vKN4pe


ハワイ島でダイビングを始める時はオーシャンスピリットへどうぞ!

火曜日, 8月 01, 2017

ハワイで留学「やればよかった」と後悔しないようにね!

ハワイで留学
(よくある留学パンフレットの風景。実際は、暑いし、虫がいて、湿っぽい)

ハワイで留学したいという人からよく相談を受けるので、ちょっと調べてみたら、ハワイで留学する人が去年と比べて25%も減っているという。

ハワイには学生ビザの申請手続きができる学校が約90あり、ある調査(DBEDT)によりますと、現在ハワイには約1万人の留学生がいるようです。実際はもっと多いでしょう。

その1万人のうち、日本人は約31%。韓国人が9.8%。中国人が6.4%、だそうです。そして、年間の一人当たりの平均費用(学費と生活費)は約$25,000です。

一方、英会話教室、マッサージ教室、フラダンス教室、ゴルフ教室、ヨガ教室、などなど、旅行中に教室に通っている人もたくさんいるでしょう。

なので、留学とまでは言わないまでもハワイで何かを”学ぶ”という目的で旅行する人は増えていると思います。

ハワイでなにかを学ぼう、と検討中の人は是非実現させてください。お金も時間もかかるので決断と準備が大変ですが、人生の後半になって、「やればよかった」と後悔しないようにね。

さて、7月は誠にありがとうございました。たくさんのお客さんと会食の機会に恵まれていろいろお話を聞くことができました。

新鮮な目でハワイを見る重要さをいつもお客さんから教わります。まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくおねがいいたします。

8月もよろしくおねがいいたします。

Smile


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!