月曜日, 10月 09, 2017

日本からハワイに来るのは人間だけではなかった

6年前に起きた日本での大津波によってたくさんの残骸が太平洋へ流れ出し、同時に日本近海の生物がそれにヒッチハイクしてアメリカ西海岸やハワイに到達しているという。なんとその数は約300種類。サイエンスマガジンのリポートで読んだ。

多くは無脊椎動物で、ウミウシ、貝、イソギンチャク、カニ、などなど。また、流れ着いた漁船の中に日本地物の魚が入っていた例もある。

問題はそれらのよそ者が地元の生態系に変化をもたらすというのだ。ダーウィンの法則によりそれらの多くは死んでしまうらしいが、中には異国の地で繁栄するやつもいると言う。

ハワイ島の海でも残骸をよく見るようになった。日本の水産会社の名前が入っているプラスティックの生け簀、よく伊豆のダイビングショップが道具洗いの桶に使っているあの青いやつ、をよく見かける。

海の漂流ゴミには大小問わず必ず生物が一緒についています。先日、オーシャンブルーダイビングの際に小さなプラスティックの破片を見つけ覗いてみると、小魚がたくさん付いていた。上のビデオの魚達です。

彼らにとって海に漂う残骸はそれはそれで生きていくための大海原の拠り所なのかもしれない。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 10月 01, 2017

退職後はダイビングショップで新たな人生・・・

退職後はダイビングショップで新たな人生

数年後に退職予定のお客さんが少しずつハワイ島でダイブマスターのトレーニングをしています。ハッピーリタイヤ後はハワイ島で弊社を手伝ってもらう計画です。

ダイビングショップではこういうケースはとっても多いのです。定年退職後に自分の好きな場所で好きな事をして新たな人生を始める。素敵なことではないでしょうか。応援したいと思います。

人生は一度きりでやったもん勝ちです。

さて、9月も誠にありがとうございました。海も穏やかで毎日が快晴無風の日々でした。まだまだ至らぬ事が多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

10月もよろしくお願いいたします。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 9月 25, 2017

知らないと危ない:フリーフローを対処しよう

ハワイ島でダイビング

ダイビング中に何らかの理由でレギュレーターから急激に空気がもれることがあります。セカンドステージから空気が噴き出す。ホースが破裂する。などなど。

水中で起こると慌ててしまいますが、ダイバーなら誰でも経験することなので対処方法をしっかり確認しておきましょう。

以下の5つの技術ができるかどうか次回のダイビングの際にバディーと一緒に確認してみましょう。

  1. 海に入る前に道具が正常に動くかどうか点検している。バディーと一緒にお互いの機械を点検している。
  2. 慌てずどこからフリーフローしているか自分で判断できる。または、バディーが判断できる。そして、バディーはフリーフローを起こしている本人を落ち着かせることができる。
  3. 多くのフリーフローはセカンドステージ(オクトパス)からです。マウスピースの部分を逆さにしたり、マウスピースに手をあてて空気を止めることができる。
  4. 逆さにして止まらない場合は、マウスピースを半分加えて息をすることができる。オープンウォーター取得の時に練習していはずです。
  5. バディーとオクトパスブリージングができる。その手順をバディーと練習する。

また、このサイトを参考にしてください。特に、3,4,24,25,26,30番の項目はフリーフローに関連しています。

是非、水中でフリーフローが起こった際の対処方法をバディーとロールプレイングして練習してみましょう。

ダイビングは「道具とバディー」に頼る遊びです。楽しい安全ダイビングの基本はその両方をしっかり使いこなすことです。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 9月 17, 2017

最近笑ってないな~と思ったらブルーゾーンへ飛び込もう

bluezone

ハワイ島のコナ街中で「ブルーゾーン」と書いてある看板をよく見かけます。「ブルーゾーン」とは何かというと、人々が健康に長生きしている地域のことです。

世界には長生き地域が5つあり、そこに共通する健康長生きの秘訣9つをハワイ島でも実行してみようということです。

もっと詳しくはこの本を参考にしてみてください。

僕はずいぶん前からブルーゾーンの事を知っていたので個人的に実践しています。是非、皆さんもやってみましょう。

  1. よく体を動かす。ジムに行って鍛えるというよりも、生活の中でよく動くということです。歩いたり農園仕事など。
  2. 生きる目的を持つ。仕事するという一時的な目的の他に、朝起きる目的を自分のライフスタイルの中に作る。
  3. ストレス解消の方法がある。それが毎日の生活の中にある。
  4. 腹八分目。ゆっくり食べる。
  5. 植物中心の食事。野菜や豆類。
  6. 適度なお酒。友人や家族と一緒に毎日少し飲むお酒がいい。
  7. 友人。歳をとってもお互い面倒を看合える友人を持つ。
  8. 信仰。信仰集会に顔を出す。日本では文化としてあまりないですが、日曜に教会に行くとか。
  9. 家族。家族の幸せが優先。

ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

土曜日, 9月 09, 2017

成田-コナ(ハワイ島)線 2017年9月15日開設!- JAL

日本航空ハワイ島コナへ直行便

9月15日から成田とコナの直行便が日本航空で始まります。切符を買う人はこちらへ。

「乗り換えがめんどくさいからハワイ島にはいけないね~」とずっと延期していた人は是非ハワイ島に遊びにきてください。

「ハワイアン航空の羽田からの直行便は不便だな~」とずっと延期していた人は是非ハワイ島に遊びにきてください。

「直行便は高いからな~」、「出発時間が合わないな~」、「休みが取れればなあ~」、「景気が悪いからな~」、「めんどくさいな~」、「会社に行っていたほうが楽だな~」と、ま、いろいろありますが、是非!


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

金曜日, 9月 01, 2017

一番嫌がられるダイバーのマナー違反

ハワイ島でダイビング

最近はハワイでもどこでも世界中で環境保護が進んでいます、同時に人々の意識も変わってきていて監視も盛んに行われるようになりました。

そんな動きの中で、ダイバーが注意することは水中で生物や物に触ったりサンゴを蹴っ飛ばさないようにすることでしょう。

「野蛮ダイバー!」と言われないためにも水中での自分の行動に気を使ってみよう。悪気がなくても話ができない水中ですからね。

そのためには中世浮力をマスターすることが不可欠です。コースで練習してみよう

さて、8月はありがとうございました。夏休みでたくさんのご家族がハワイ島を楽しめたようでよかったです。また皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

まだまだ至らぬこと多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

9月もよろしくお願いいたします。

Smile


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

金曜日, 8月 25, 2017

ダイビングインストラクターは運動不足だ

ミスターミヤギ・ベストキット

「ダビングインストラクターで体が鍛えられるでしょう」と。よく人から聞かれます。実はまったく鍛えられません。むしろ運動不足になります。

なので、安全、怪我防止、緊急事態の為に、日常生活の中にフィットネスを取り入れています。

まず、日常で「立つ」ことがトレーニングです。お金をかけず、ジムにもいかず、特別な時間もとらず、マシーンもいりません。

みなさんも気が付いていると思いますが、立ち仕事をしている人は若くアクティブな人が多いです。

ミスターミヤギも言っています「なにをするにも、まず立てることが最初です」と。

下記のテストをしてみてできなかった人は、ライフスタイルを見直して「たち力」をつけましょう。

テスト:目をつぶって片足で何秒立っていられるか?左右交互にやってみて30秒以上できない人は「たち力」が弱っています。体幹が弱っているとも言えるでしょう。

そこで、会社や家の机をたち机にしましょう。そして、たち机の下に足首ストレッチボードを入れて踏みながら仕事しましょう。

会社の机を入れ替えるのは大変なので、既存の机をたち机に変換できる商品もあります。

机・コンピューター画面・キーボードの高さ調整の方法はグーグルすれば情報がありますので調べてみてください。参考例はこちら

立っていると自然と体をこまめに動かします。足腰をストレッチしたり歩くことが多くなり体がアクティブ状態になります。体の新陳代謝も上がるので水をいっぱい飲むようになります。

そして、仕事に積極性がでてきて効率も上がります。立って机に向かうと「よしやるか」と言って仕事を始めます。座って机に使うと「さてやるか」と言って取り組みます。この心構えの違いは大きいです。

最初は机の前でソワソワと落ち着かないですが、慣れてくると逆に座って仕事がしずらくなります。スクワットしたり、ダンベルカールをしたり、工夫次第で立ち仕事も楽しくなってきます。是非。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!