火曜日, 2月 09, 2016

マンタにも親戚兄弟がいるよ


(ハワイ島でよく見るマンタはナンヨウマンタ)

マンタには2種類います。オニイトマキエイとナンヨウマンタの2種類です。

オニイトマキエイは外洋を泳ぐ比較的大きなマンタ。一方、ダイバーがよく目にする沿岸を泳ぐマンタはナンヨウマンタと日本名がついています。

よくハワイ島ではどっちのマンタが見られるのですか?と質問があります

ハワイ島のマンタダイビングで見かけるマンタは教科書通りに言うと、小ぶりなナンヨウマンタです。

学者達が2種類を正式に区別する前(Marshall 2009)にマンタは1種類という時代が続きました。

その時の日本語名がオニイトマキエイだったので、今でも、日常会話ではマンタを見たら日本語ではオニイトマキエイと言う人は多いです。

PADIのウエブサイトにマンタ2種類の便利な区別の仕方が載っているので興味がある人は是非見てみてください。


ハワイ島でマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

金曜日, 2月 05, 2016

ハワイでもシュノーケルの事故が多いです、注意しましょうね

ハワイ島のシュノーケル

ここ数年、ハワイでシュノーケル中に事故にあう人が増えています。

通常の水泳と違って、シュノーケルチューブと水中眼鏡のおかげで息継ぎをせずに長時間顔を水の中につけられます。また足ヒレにより行動範囲が広がります

仕組みは簡単なのですが、シュノーケルはすこし練習が必要です。

ハワイのガイドブックではよく「誰でもできる簡単」と修飾されているシュノーケルですが、もし挑戦したいな~と思ったら、インストラクターに基本を教わってから海へ行くといいかもしれません。 

  • シュノーケル事故の多くが浅い海。大人なら立つことができます。ではなぜ?。実は、自分の足が倍以上の大きさになる足ヒレを付けたまま波のある場所で立つことはとても難しいです。
  • 心臓マヒが事故の原因。プールと違って海の流れや波は予想できません。自分の許容範囲以上に心拍数が上がったり体力を消耗します。また、海の上で筋肉が攣ってしまい動きがとれない事があります。
  • 海へ入る前に準備運動。手足から水をかけ少しずつ海の水温に慣れていきましょう(小学校の時に習うのですが大人になると誰もやらないですね意外と)。そして、シュノーケル中は自分の位置を確かめあまり沖に出ないようにしましょう。
  • 飲酒も事故の原因。飲酒後のシュノーケルは絶対にやめましょう。

人によって水への肉体的・精神的反応は違います。陸上では大丈夫だろう、と思っても実際に顔が水に触れると拒絶反応を起こす場合があります。

最後に、ハワイでシュノーケルを楽しむ場合は管理されたビーチへ行きましょう。監視や他の人がいる場所で遊ぶといいと思います。なにかあった場合に対処を迅速的確にできるように。

ハワイのビーチ状況はこちらを参考にしてください。http://hawaiibeachsafety.com/


ハワイ島でダイビングとイルカとマンタはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 2月 01, 2016

今年は痩せなきゃ、ダイエットを続けるもう一つの理由

ハワイ島のプール
今年は痩せようと決断した人もいるでしょう、どうですかダイエットは続いていますか?

有名ダイエットテレビ番組のトレーナーが言っていた。失敗の原因は結果を短期で求めすぎること、と。

一方、”2週間で10キロ痩せる方法”というダイエット商品を売っていた。ま、大人の世界はそんなものである。

そこで、ダイエットを続けていくもう一つの秘訣を紹介しましょう。それは人前で裸になることです。

例えば、
  • 毎朝会社で体操する時:社長や重役は自ら裸になろう。竹刀を持ちだそう。アントニオ猪木のポスターを会社に貼ろう。朝礼は1,2,3、ダ~で始めよう。
  • 子供の運動会:お父さんは新品の白Tシャツをカッコよく着て隣のオトウサンと差を付けよう。運動会では会社の肩書より肩の筋肉が物を言う。
  • プールやビーチはもちろん:サーフパンツはゴムじゃなくてヒモで結ぶやつを着れるように。ゴムの蛇腹が腹に付かないように、腰骨でサーフパンツをはこう。
  • 居酒屋で酔った時:酔っぱらうと服を脱ぐ奴が昔はよくいた。今はそういう世の中じゃないかもしれないけど、やってみよう。
  • 庭仕事や日曜大工:シャベルを裸で使って、腹筋と背筋を自慢しよう。
  • ベランダで洗濯を乾す時:肩の筋肉と二の腕を自慢しよう。
人前で裸になる、薄着になる、水着になる、そして他人と自分の体を比べる。そうすると自然に自分の体に責任を感じてきます。

見られることが美容と健康の一番の薬で、ダイエットを続けていく秘訣ですね。

今年は胸を張ってハワイ島で水着になれるよう頑張ろう。
  
さて、1月は誠にありがとうございました。そして2016年もハワイ島で良いスタートをきることができました。

皆さんにハワイ島でまたお会いできることを楽しみにしております。まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

2月もよろしくお願いいたします。

ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 1月 25, 2016

今年こそハワイへ行こう!

ハワイ島へ行こう!
先日、お客さんが教えてくれた。全日空がエアバスのデッカイ飛行機(A380と言うらしい)を買って日本からハワイへ飛ばす計画がある、と。500人以上乗れる飛行機だ。

また、ハワイアン航空も日本からの飛行機を増やすと言っていたので、これから皆さんがハワイに旅行しやすくなりますね。

ハワイへ来る飛行機が増えるニュースはいつもうれしいものです。太平洋の真中にあるハワイの観光業は飛行機の座席数に依存していますからね。

 さて、もう一つハワイの観光業を左右させる重要な要因は皆さんの休暇です。休暇なくしてハワイ旅行はありません。

今年の日本の祭日を調べてみた。6月以外は月に1日以上祭日があり、毎月連休取得のチャンスがあるようです。是非、ハワイ島に来てくださいね。

さて、さて、もう一つ大きな要因は皆さんの旅行予算です。お金なくしてハワイ旅行はありません。

トリップアドバイザーによると、今年は1人当たりの旅行予算が約67万円。温泉旅行を1回減らして、是非、ハワイ島に来てください。

今年こそ、今年は、たまには、また、久しぶりに、とりあえず、是非、ハワイへ遊びに来てください。お待ちしております。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

木曜日, 1月 21, 2016

ハワイ島でイルカとアット驚く意外な客人との出会い


(ハワイ島のイルカ達)

ハワイ島でドルフィンスイム中に、期待していなかった客人と出会うことがあります。イルカの群れに飛び込んできた海の仲間達を紹介しましょう。

  • カジキマグロ:イルカと泳いでいたらイルカが急に逃げ出した。どうしたのかな~と思ったやさき僕の隣にデッカイカジキマグロがいた。目がお茶碗ぐらいでかかった。
  • キハダマグロ:マグロ数匹が、イルカの群れと一緒に泳いでいた。仲間とイルカを勘違いしたのか。マグロが泳いでいる姿を見るなんて稀ですね。
  • クジラ(ザトウクジラやゴンドウクジラ):ザトウクジラは冬にハワイ島へやってきます。潜水艦のように音もせず僕達の下を潜ってくるのです。ゴンドウクジラはイルカのように集団で現れます。
  • ジンベイザメ:イルカの群れにでっかい黒い影が突っ込んできた、と思ったらデッカイ口をしたジンベイだった。
  • タイガーシャーク:イルカの到来を待っていたら、代わりに透明度の向こうからタイガーシャークが顔をだした。これには驚いた。
  • 外洋性のサメ(ホワイトチップやガラパゴス):アジの群れでバンドウイルカが子供にハンティングを教えていた。そしてサメ達がアジを狙ってウロウロ泳いでいた。
  • オノやマヒマヒなど食卓魚:沖でイルカと泳いでいると彼らは「なにをしているのだろう」と寄ってくることがあります。
  • カメ、マンタ、マダラトビエイ、などなど、顔をだしてくれることが多いですね。
いつも海で遊ぶと思うのですが、人間のからは水平線しか見えないけれど、青い水面下では生物たちの生活があり街がありいやいやにぎわっているのです。


ハワイ島でイルカと泳ごう、オーシャンスピリットハワイ島

日曜日, 1月 17, 2016

旅先で食事処探し、60%以上の人は旅行サイトで予習

ハワイ島のレストラン探し
(マルハニチロ:報道資料より)

旅行の一番の楽しみは食い物だ、と思う。ま、お酒も含めてね。大人になるとこの傾向が強くなり、「どこで食うか?何を食うか」と旅先でいつも考えている気がする。という事は、旅先で一番重要な決断は、「レストラン選び」だ。 

短い時間の中でうまい店を探す。情報、経験、こだわり、計画が成功の要です。最近は口コミサイトがあるのでリサーチも簡単になった。多くの人の意見を参考にできるので民主的な判断ができる。

でも、まだまだ地元の人に聞く、という人も多いでしょう。僕も旅先ではよく聞く。でも、これが意外と難しい。

観光地で「うまい店を教えて」と質問すると、ま、おおよそ、よく宣伝している目だって場所を簡単に説明できるお店を紹介してくれる。

聞かれる事が多い人は、ホテルの従業員とか、自分が行ったことがなくても、観光の人が喜びそうな、皆がよく行っていて人気があるお店の回答集を用意している。

なので、もうすこし生の情報が欲しいときは、何度も顔を合わしすこし会話をして気心しれたころに「ところでいつも家族とどこへ食べに行くの?」と聞き方を変えてもいいかもしれません。

ある調査によると、レストランで「メニューが読めなかった」と困った経験がある人が40%以上。いつも思うのだけれど、メニューに写真が欲しい。デニーズみたいにね。

ちょっとこじゃれた地元食材系の店に行くと、メニューは文字論述式だ。また、決まって字が小さい。その上それ系の店は暗い、みんな携帯懐中電灯でのぞきこんでいる。

最近は、口コミサイトの写真を参考に携帯とメニューを見比べているお客さんをよく見かけるようになった。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

水曜日, 1月 13, 2016

ハワイ島の究極の水中スパとは?


(ハワイ島のマンタナイトダイビングへ行こう!)

冬のハワイ島でしか味わえない究極のマッサージがあります。これはどこのホテルでもやってませんよ~。

それは、”クジラの唄声マッサージ”です。 ハワイ島に冬の訪れとともに、ザトウクジラがやってきます。そしてオスのクジラは水中で唄を歌うのです。


歌声は水に響いて数キロ離れていても聞こえます。ダイビングやスノーケルで耳を海につけるとその歌声が聞けるわけですね。

そのリズムと振動が耳から入ってきてそのまま脳みそまで響き渡りマッサージしてくれます。クジラが何を思って歌っているのか?と想像してしまいます。気持ちがいいものです。

特にマンタナイトダイビングの時には、マンタの乱舞を見ながらそんなクジラの唄を楽しめます。

目に前でマンタがグルグル、頭の中ではクジラの声がビリビリとコンサート会場にいるような気分になってくるのです。 冬のハワイ島らしい楽しみ方ですね。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!