火曜日, 7月 29, 2014

ハワイ島以外では見られない、たそがれマンタとは?


ハワイ島のマンタナイトダイビングのもう一つの楽しみ。それは「たそがれマンタ」です。

夕暮れ時の薄暗いときにダイビングをすると、マンタ達が夕日を背に受けて水面を泳ぐ光景が見られることがあります。

その影のシルエットがとっても幻想的なのです。

僕は、それを「たそがれマンタ」と呼んでいます。子供の頃、夕日が落ちるまで外で遊んだ日々を思い出します。

マンタナイトダイビングツアーでは通常2回のダイビングをマンタポイントで行います。

1回目の夕暮れダイビングからマンタが現れることがあるので、この「たそがれマンタ」を見ることができるのですね。そのタイミングで潜れるのは多分ハワイ島だけでしょう。


ハワイ島のマンタナイトダイビングはオーシャンスピリットハワイ島へどうぞ!

金曜日, 7月 25, 2014

ハワイ生活で我慢すること、そりゃ大げさだ!その2

ハワイ島のラジオ

さて、アメリカの新聞にハワイで生活する際に我慢しなくてはいけない事が載っていました。アメリカ本土のアメリカ人を対象にしているお話です。

その2の主張:ハワイはラジオの音楽がいつも同じで、本土よりヒット曲が2,3か月遅れる。

たしかに、ラジオから聞こえてくる曲は毎日同じやつがなんどもかかる。本土ではとっくに旬を過ぎた曲がハワイでは長生きしていることも多い。

と、ま、ばかにする人もいるかもしれませんが、そもそも今どきラジオで曲を受身的に聞く人も少ないと思います。ラジオで新曲を聞くのか?

ラジオを聞いている人口も減ってきていて、CDも売っていない。時差のないネットで音楽を聴く時代になっているのです。

ま、ラジオ自体がクラシックになっているのでしょう。

その1の主張はこちらへどうぞ。


ハワイ島でダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 7月 21, 2014

イルカのようなユカさん、癒されるのは僕のほう


最近、イルカと一緒に泳ぐ時に、お客さんの後についていく。正確には、お客さんに追い抜かれてしまう。とほほ。歳なのだね。

お客さんがイルカと一緒に気持ちよく泳いでいるのを見ると、僕のほうが癒されてしまうのです。いいな~と。孫を見るおじいちゃんのようだね。

ま、僕は、お客さんが自由に遊んでいただくのが好きなので「お昼だよう、もう帰るよ~」と、公園のおじいちゃんでいいのです。


ハワイ島でイルカと泳ぐドルフィンスイムはオーシャンスピリットハワイ島へどうぞ!

木曜日, 7月 17, 2014

知らないと帰れない、もう一つのハワイらしい食べ物

それは、スパムむすびです。

ハワイ島のスパムむすび

ロコモコ、ポキ、などハワイらしい食べ物はたくさんありますが、ハワイ島でスパムむすびを食べないと日本へ帰れません。

でも、スパムむすびはレストランのメニューにはありませんので、ガソリンスタンドかスーパーマーケットで買い食いする感じです。

ハワイ島をドライブする際に食べるにはもってこいのスナックフードです。お店によってご飯の炊き方や調味料など微妙に違います。

僕が一番好きなのは、ゴルフ場で食べるスパムむすびです。

先がちょっと詰まったりしたら、海を見ながら一休みして、スパムむすびとビールを楽しむ、これは幸せいっぱい笑顔満開の時間です。

丸かじりしたときにスパムから搾りでるうまみ塩味と油が、氷で冷やされたビールにこれまた合うのですね、プレーなどどうでもよくなってしまうくらいうまい。

先日沖縄からのお客さんに聞いたら、沖縄にもスパムが存在し、ポークと呼ばれるらしい。そして、毎年ホノルルではスパムのお祭りがある。またそして、メールのスパムはこのスパムに由来するらしい。


ハワイ島でダイビングとイルカと泳ぐドルフィンスイムはオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 7月 13, 2014

知らないと陰口言われるダイビングのマナー、その3

3.ダイビングボートのカメラバケツにはカメラだけ入れましょう。

ハワイ島でダイビングもし、ボートにカメラを入れるバケツがある時は、そのバケツにカメラだけ入れましょう。

多くは、そのようにスタッフから説明があると思います。

目の前にバケツがあると、ついマスクや手袋を投げ入れたくなりますが、カメラの居場所を尊重してあげましょう。

ボート上では、ダイビング道具が散らばってしまいがちです。自分なりにオーガナイズして限られた場所を有効活用。

また、カメラ(すべての持ち物)に名前を書いておきましょう。まったく同じカメラを数人のお客さんがもっていることがあります。中の写真を確認して持ち主を探さなくてすむように。

マナー1はこちらです。

マナー2はこちらです。


ハワイ島でダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

水曜日, 7月 09, 2014

なぜあなたは年収が低いのか?休日に原因があるかも

低年収の人ほど休日はダラダラ過ごし、日曜の夜はサザエさんを見るという。調査結果があった。

いやいや、まさに、僕ではないか。ま、僕の場合はいつでもぼ~としているけど。

下記の結果を見てみると、最初から結論ありき、の調査のようで、説得力に欠けるけど、ま、参考に。

いずれにせよ、金銭的報酬の多い少ないに関係なく、自分の仕事を「しっかりやってやる!」という気持ちの人は、やっぱり休日の過ごし方も計画的で積極的になると思うのです。

仕事も休日の遊びも同じ自分がするわけですからね。つまるところ、「人生への積極性」です。就職指導課の先生のような言葉だ。

そこで、オーシャンスピリットハワイ島のモットーは、

大人達の「自分へのご褒美を配達する」を毎日の目標として営業しています。ハワイ島で120%遊び、仕事に100%情熱を燃やせるようお手伝いいたします。

です。

是非休日はハワイ島で積極的に遊んでください。

記事はここです。http://bit.ly/1mrQZal

ハワイ島で遊ぶholiday2


ハワイ島でダイビングとイルカのツアーはオーシャンスピリットへどうぞ!

土曜日, 7月 05, 2014

ハワイ島のマンタダイビング、主役はマンタじゃなくてプランクトンだよ!

(ライトの光柱にチラチラ映っているのがプランクトンです。)


ダイビング中にプランクトンの存在に目を向けるダイバーが何人いるだろうか?

プランクトンは、目に見えるか見えないかのエビのような、カニのような、または、魚のできそこなえのような、ちっちゃなちっちゃな生物達です。

でも、ここハワイ島ではこの小さなプランクトンの存在がとっても重要です。

どうしてか?

それは、プランクトンはマンタの餌になるからです。その大きな体を維持するためにマンタは一日約30キロのプランクトンを食べています。物の本によると。

その為、一日中プランクトンを求めて海を彷徨っているわけですね。効率よくプランクトンを食うにはどこがいいか?と考えながら。

そこで、ハワイ島のマンタポイントが登場です。そこでは、夜な夜なダイバー達が水中ライトでプランクトンを集めています。

ま、マンタからすれば、マンタポイントはテーブルにプランクトンのどんぶりが並べられている絶好の食事処なのです。食べ放題の夕食バイキングみたいなものかもしれません。

でも、プランクトンは気まぐれでマンタ会場に集まらない場合があります。そんなときはマンタも来ません。餌がないので来る理由はありません。

なので、ハワイ島ではこのプランクトンの出現に一喜一憂しているわけです。

ハワイ島のマンタダイビングでは、本当はマンタが主役ではなくてこのプランクトンが主役と言ってもいいでしょう。


ハワイ島でマンタナイトダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!