月曜日, 10月 09, 2017

日本からハワイに来るのは人間だけではなかった

6年前に起きた日本での大津波によってたくさんの残骸が太平洋へ流れ出し、同時に日本近海の生物がそれにヒッチハイクしてアメリカ西海岸やハワイに到達しているという。なんとその数は約300種類。サイエンスマガジンのリポートで読んだ。

多くは無脊椎動物で、ウミウシ、貝、イソギンチャク、カニ、などなど。また、流れ着いた漁船の中に日本地物の魚が入っていた例もある。

問題はそれらのよそ者が地元の生態系に変化をもたらすというのだ。ダーウィンの法則によりそれらの多くは死んでしまうらしいが、中には異国の地で繁栄するやつもいると言う。

ハワイ島の海でも残骸をよく見るようになった。日本の水産会社の名前が入っているプラスティックの生け簀、よく伊豆のダイビングショップが道具洗いの桶に使っているあの青いやつ、をよく見かける。

海の漂流ゴミには大小問わず必ず生物が一緒についています。先日、オーシャンブルーダイビングの際に小さなプラスティックの破片を見つけ覗いてみると、小魚がたくさん付いていた。上のビデオの魚達です。

彼らにとって海に漂う残骸はそれはそれで生きていくための大海原の拠り所なのかもしれない。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 10月 01, 2017

退職後はダイビングショップで新たな人生・・・

退職後はダイビングショップで新たな人生

数年後に退職予定のお客さんが少しずつハワイ島でダイブマスターのトレーニングをしています。ハッピーリタイヤ後はハワイ島で弊社を手伝ってもらう計画です。

ダイビングショップではこういうケースはとっても多いのです。定年退職後に自分の好きな場所で好きな事をして新たな人生を始める。素敵なことではないでしょうか。応援したいと思います。

人生は一度きりでやったもん勝ちです。

さて、9月も誠にありがとうございました。海も穏やかで毎日が快晴無風の日々でした。まだまだ至らぬ事が多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

10月もよろしくお願いいたします。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 9月 25, 2017

知らないと危ない:フリーフローを対処しよう

ハワイ島でダイビング

ダイビング中に何らかの理由でレギュレーターから急激に空気がもれることがあります。セカンドステージから空気が噴き出す。ホースが破裂する。などなど。

水中で起こると慌ててしまいますが、ダイバーなら誰でも経験することなので対処方法をしっかり確認しておきましょう。

以下の5つの技術ができるかどうか次回のダイビングの際にバディーと一緒に確認してみましょう。

  1. 海に入る前に道具が正常に動くかどうか点検している。バディーと一緒にお互いの機械を点検している。
  2. 慌てずどこからフリーフローしているか自分で判断できる。または、バディーが判断できる。そして、バディーはフリーフローを起こしている本人を落ち着かせることができる。
  3. 多くのフリーフローはセカンドステージ(オクトパス)からです。マウスピースの部分を逆さにしたり、マウスピースに手をあてて空気を止めることができる。
  4. 逆さにして止まらない場合は、マウスピースを半分加えて息をすることができる。オープンウォーター取得の時に練習していはずです。
  5. バディーとオクトパスブリージングができる。その手順をバディーと練習する。

また、このサイトを参考にしてください。特に、3,4,24,25,26,30番の項目はフリーフローに関連しています。

是非、水中でフリーフローが起こった際の対処方法をバディーとロールプレイングして練習してみましょう。

ダイビングは「道具とバディー」に頼る遊びです。楽しい安全ダイビングの基本はその両方をしっかり使いこなすことです。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 9月 17, 2017

最近笑ってないな~と思ったらブルーゾーンへ飛び込もう

bluezone

ハワイ島のコナ街中で「ブルーゾーン」と書いてある看板をよく見かけます。「ブルーゾーン」とは何かというと、人々が健康に長生きしている地域のことです。

世界には長生き地域が5つあり、そこに共通する健康長生きの秘訣9つをハワイ島でも実行してみようということです。

もっと詳しくはこの本を参考にしてみてください。

僕はずいぶん前からブルーゾーンの事を知っていたので個人的に実践しています。是非、皆さんもやってみましょう。

  1. よく体を動かす。ジムに行って鍛えるというよりも、生活の中でよく動くということです。歩いたり農園仕事など。
  2. 生きる目的を持つ。仕事するという一時的な目的の他に、朝起きる目的を自分のライフスタイルの中に作る。
  3. ストレス解消の方法がある。それが毎日の生活の中にある。
  4. 腹八分目。ゆっくり食べる。
  5. 植物中心の食事。野菜や豆類。
  6. 適度なお酒。友人や家族と一緒に毎日少し飲むお酒がいい。
  7. 友人。歳をとってもお互い面倒を看合える友人を持つ。
  8. 信仰。信仰集会に顔を出す。日本では文化としてあまりないですが、日曜に教会に行くとか。
  9. 家族。家族の幸せが優先。

ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

土曜日, 9月 09, 2017

成田-コナ(ハワイ島)線 2017年9月15日開設!- JAL

日本航空ハワイ島コナへ直行便

9月15日から成田とコナの直行便が日本航空で始まります。切符を買う人はこちらへ。

「乗り換えがめんどくさいからハワイ島にはいけないね~」とずっと延期していた人は是非ハワイ島に遊びにきてください。

「ハワイアン航空の羽田からの直行便は不便だな~」とずっと延期していた人は是非ハワイ島に遊びにきてください。

「直行便は高いからな~」、「出発時間が合わないな~」、「休みが取れればなあ~」、「景気が悪いからな~」、「めんどくさいな~」、「会社に行っていたほうが楽だな~」と、ま、いろいろありますが、是非!


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

金曜日, 9月 01, 2017

一番嫌がられるダイバーのマナー違反

ハワイ島でダイビング

最近はハワイでもどこでも世界中で環境保護が進んでいます、同時に人々の意識も変わってきていて監視も盛んに行われるようになりました。

そんな動きの中で、ダイバーが注意することは水中で生物や物に触ったりサンゴを蹴っ飛ばさないようにすることでしょう。

「野蛮ダイバー!」と言われないためにも水中での自分の行動に気を使ってみよう。悪気がなくても話ができない水中ですからね。

そのためには中世浮力をマスターすることが不可欠です。コースで練習してみよう

さて、8月はありがとうございました。夏休みでたくさんのご家族がハワイ島を楽しめたようでよかったです。また皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

まだまだ至らぬこと多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

9月もよろしくお願いいたします。

Smile


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

金曜日, 8月 25, 2017

ダイビングインストラクターは運動不足だ

ミスターミヤギ・ベストキット

「ダビングインストラクターで体が鍛えられるでしょう」と。よく人から聞かれます。実はまったく鍛えられません。むしろ運動不足になります。

なので、安全、怪我防止、緊急事態の為に、日常生活の中にフィットネスを取り入れています。

まず、日常で「立つ」ことがトレーニングです。お金をかけず、ジムにもいかず、特別な時間もとらず、マシーンもいりません。

みなさんも気が付いていると思いますが、立ち仕事をしている人は若くアクティブな人が多いです。

ミスターミヤギも言っています「なにをするにも、まず立てることが最初です」と。

下記のテストをしてみてできなかった人は、ライフスタイルを見直して「たち力」をつけましょう。

テスト:目をつぶって片足で何秒立っていられるか?左右交互にやってみて30秒以上できない人は「たち力」が弱っています。体幹が弱っているとも言えるでしょう。

そこで、会社や家の机をたち机にしましょう。そして、たち机の下に足首ストレッチボードを入れて踏みながら仕事しましょう。

会社の机を入れ替えるのは大変なので、既存の机をたち机に変換できる商品もあります。

机・コンピューター画面・キーボードの高さ調整の方法はグーグルすれば情報がありますので調べてみてください。参考例はこちら

立っていると自然と体をこまめに動かします。足腰をストレッチしたり歩くことが多くなり体がアクティブ状態になります。体の新陳代謝も上がるので水をいっぱい飲むようになります。

そして、仕事に積極性がでてきて効率も上がります。立って机に向かうと「よしやるか」と言って仕事を始めます。座って机に使うと「さてやるか」と言って取り組みます。この心構えの違いは大きいです。

最初は机の前でソワソワと落ち着かないですが、慣れてくると逆に座って仕事がしずらくなります。スクワットしたり、ダンベルカールをしたり、工夫次第で立ち仕事も楽しくなってきます。是非。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

木曜日, 8月 17, 2017

マスクを買う時はこれに注意しましょう

ハワイ島でダイビング

ダイビングマスクを買うときにはこれに注意しよう。レンタルマスクを選ぶ時にも使えます。

おもちゃのシュノーケルセットはやめよう。ダイビングで使っている実績のある商品を買いましょう。値段の相場は1万円以上から。

視力矯正の件。コンタクトレンズでマスクをしてダイビングできます。その場合は制限なしに好きなマスクを選べます。一方、度付きレンズになりますとスタイル選びに制限がでてきます。

必ず試着しましょう。フィット感が大切です。なるべくデザインやブランドを無視して数点試着してみましょう。デザインから入ってしまうとフィット感に正直になれません。靴選びで誰もが経験しているでしょう。

試着した際の確認ポイント。

マスクのベルトなしに顔にフィットするか。顔から離れてしまうマスクは水が入る原因になります。

耳抜きしやすいか。鼻を片手でつまめるか。

視界が見やすいか。上下左右を見たり、後ろを振り向いたり。

スカートの柔らかさが合っているか。痛くないかどうか。

重くないか。

お店ではダイビングガイド経験のある人にアドバイスしてもらいましょう。ダイバーのマスク問題を海で経験している人がいいです。

そして、大切なことは、遊び道具なのでいろいろ買って使ってみましょう。道具選びや買い替えも遊びのうちです。遊び道具を買うときほど楽しいときはないですからね。

多分家族から「また買ったの~」と言われますが、「いいだろ稼いでいるのだ」と言い返しましょう。

ダイビング雑誌にマスク選びの記事がでているので参考にしてみてください。http://bit.ly/2wbScD1


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

水曜日, 8月 09, 2017

10歳からダイビングができます、が、水泳が先です

ハワイ島・モンクシール・ダイビング

10歳からダイビングの講習を受けられます。夏休みに入りお子さんをダイバーにするご家族が増えています。

最近は「子供がしたいと言っているので」と海で泳いだことがない親御さんが付き添いだけでいらっしゃいます。

そこで、親として確認すること。監督する際に特別な配慮が必要です。

親がダイバーでもダイバーでなくてもダイビングの危険性を知る。ボートの危険性や、医療施設から遠隔地でダイビングが行われる事、長時間の旅行を伴う、など海の外での活動の危険性も含まれます。

子供に無理をさせない。子供の時に過度に怖い思いをすると後の人生にトラウマとして残ってしまうことがあります。

子供の限界に合わせる。気温や水温など環境の変化に対する体の反応は大人と違います。大人は我慢できても子供には無理な場合があります。また、子供はそれを口に出さないことがあるので予期が必要です。

体力も考慮。重いタンクやウエイトを扱い泳力も必要なダイビングです。10歳でも体力や体つきに個人差があるのでそれも考慮に入れましょう。

子供には水泳を教えましょう。泳げることは一生の財産になります。ダイビングは泳げなくても大丈夫とよく言いますが、子供の場合は当てはめない方がいいと思います。

こんな順番で水に慣れていきましょう。

1.頭からシャワーを浴びれる。

2.浅い子供のプールで水遊び、飛び込み、滑り台で遊べる。

3.競泳用プールで泳げる。街や学校の水泳教室に行く。

4.海で泳げる。波があるビーチで遊べたりシュノーケルができたり。

5.体験ダイビングに挑戦してみる。

6.ダイビングライセンス講習に参加。

子供ダイバー認定の詳細はこちらを参考にしてみてください。http://bit.ly/2vKN4pe


ハワイ島でダイビングを始める時はオーシャンスピリットへどうぞ!

火曜日, 8月 01, 2017

ハワイで留学「やればよかった」と後悔しないようにね!

ハワイで留学
(よくある留学パンフレットの風景。実際は、暑いし、虫がいて、湿っぽい)

ハワイで留学したいという人からよく相談を受けるので、ちょっと調べてみたら、ハワイで留学する人が去年と比べて25%も減っているという。

ハワイには学生ビザの申請手続きができる学校が約90あり、ある調査(DBEDT)によりますと、現在ハワイには約1万人の留学生がいるようです。実際はもっと多いでしょう。

その1万人のうち、日本人は約31%。韓国人が9.8%。中国人が6.4%、だそうです。そして、年間の一人当たりの平均費用(学費と生活費)は約$25,000です。

一方、英会話教室、マッサージ教室、フラダンス教室、ゴルフ教室、ヨガ教室、などなど、旅行中に教室に通っている人もたくさんいるでしょう。

なので、留学とまでは言わないまでもハワイで何かを”学ぶ”という目的で旅行する人は増えていると思います。

ハワイでなにかを学ぼう、と検討中の人は是非実現させてください。お金も時間もかかるので決断と準備が大変ですが、人生の後半になって、「やればよかった」と後悔しないようにね。

さて、7月は誠にありがとうございました。たくさんのお客さんと会食の機会に恵まれていろいろお話を聞くことができました。

新鮮な目でハワイを見る重要さをいつもお客さんから教わります。まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくおねがいいたします。

8月もよろしくおねがいいたします。

Smile


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

火曜日, 7月 25, 2017

マンタのメスとオスの見分け方

マリンダイビングという雑誌の記事にマンタの生態解説が簡潔に載っていた。写真いりでとってもわかりやすいので電車の中で読んでください。こちらです。http://bit.ly/2uR1cxE

さて、この記事の最初のお話はマンタ識別のお話。

マンタの腹部の模様は個々に違っていて識別の大きな手がかりになります。また、体つきが違っていたり傷があったりと違いがわかります。こんな感じで、ハワイ島コナのマンタポイントでは約350匹のマンタが確認されています。

マンタとエイの違い。

一般的なエイと比べてマンタは、餌、口の形や位置、エラの形、などが違います。なんといっても、一番の相違はマンタの頭には左右に大きなフライパン返しが付いています。ハワイ島でマンタの他によく見かけるエイはマダラトビエイです。

ハワイ島のコナでもマンタが一列電車のように連なって泳ぐことがあります。

先頭がメスマンタで後ろからオスマンタが追いかけていると言われることが多い。どこの世界でも男は女を追いかけなくてはいけない。いつもこの姿を見ると励まされるのです。メスとオスの見かけ方は雑誌記事の写真にあります。

マンタは2種類いる。

これは最近分かったことで、オニイトマキエイとナンヨウマンタの2種類に分かれているようです。簡単には、外洋にいるオニイトマキエイと岸の近くにいるナンヨウマンタです。ハワイ島で見かけるのは大多数がナンヨウマンタです。

次回のマンタダイビングの際はじ~とマンタを観察してみましょう。


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 7月 17, 2017

PADIとか、SSIとか、NAUIとか、何なのか?

ハワイ島でダイビングライセンス

この夏、ダイビングを始める人も多いことと思います。ダイビングを始めるにはなにか資格やライセンスが必要だと聞いた人も多いでしょう。

スクーバダイビングをする際にとくに資格が必要な事はありません。その地域で禁止されていなければ、タンクを背負って海に入っていけばいいわけです。

しかしながら、正当なダイビングサービスが企画するダイビングツアーに参加する場合にはスクーバダイビングの基本を勉強した証明が必要になります。

その証明をスクーバダイビングの世界では、認定証明(Cカード)と言います。これをライセンスと簡易的に言っている場合もあります。

このCカードはダイビング指導団体が、インストラクターを通してCカード取得コースを修了したダイバーに発行しています。

PADIとか、SSIとか、NAUIとか、聞いたことがあると思います。それらはダイビング指導団体です。

通常、遊びでダイビングを始めるということは、いずれかの団体のCカードを取得して、好きな海のダイビングショップのツアーに参加することを意味します。

言語は違いますが、基本的に知識と技術のカリキュラムは世界共通です。なので、日本でCカードを取得しても世界中で受け入れてくれることでしょう。(言葉の問題や、年齢制限、などは別にして)

どこの指導団体を選ぶか?とよくある質問ですが、簡単には有名なよく聞いたことがある団体を選んでおけば間違いないでしょう。


ハワイ島でダイビングライセンス取得はオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 7月 02, 2017

イルカとなにか通じるもの?

ハワイ島のようこさんのイルカ
(どうもどうもいつもお世話になります。)

ヨウコさん、タロウさん、サエちゃん、ご家族からイルカの写真をいただきました。お忙しい中ありがとうございました。

この日、イルカを発見した時は、彼らがとっても高速で泳いでいて「いやいや速いね~一緒に泳ぐのは大変だ~」と予想をしていました。

でも、いざみんなで海に入ってみると、彼らは急にスピードを落としてくれてお客さの周りをクルクルと泳いで超接近してくれました。不思議な光景でした。

そして、群れから少し離れたいっぴきのイルカがキーキーと声を出しながらお客さんにずっと寄り添っていた。なにか言いたかったのであろうか?とまたまた不思議な出来事を経験しました。

お客さんとイルカの間になにか通じるものがあったのだろうか?と今でも考えてしまいます。

3年前にも遊びに来てくれて、サエちゃんとは今回が初めてお会いすることができました。次回は一緒に海に入って泳ぎましょう。

また皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

ハワイ島のようこさんのイルカ
(お手てつないでちょっとそこまで)


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

土曜日, 7月 01, 2017

どっちが興奮するか?

ハワイ島のオノ

どっちが興奮するか?とよくビールを飲みながらバカ話をする。「ゴルフでバーディーをとる」と「トローリングで魚を釣る」、をくらべて。

結局あっちもこっちもと結論は出ないのですけどね。大切なことはその興奮を味わうために仕事を忘れて真剣に遊ぶことかな、と思うのです。

逆に仕事をする際はそれに集中する。そのスイッチをオンオフできる人が遊び上手で仕事上手なのかな、と感じるのです。

さて、6月は誠にありがとうございました。遊び上手なお客さんが多い愉快な月となりました。また皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

7月もよろしくお願いいたします。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 6月 25, 2017

ナマコのような人生もいいかもしれないなあ~

ハワイ島のアワビ
(まな板の上で軟体動物の一生を考える)

ダイビング活動の80パーセントは人の話を聞く事と読む事だろう。

ダイビングに行けばローカルの人との会話があります。潜水時間は約1時間、でも会話する時間はその数倍になります。会話を楽しまなくてはもったいない。

そして、会話以上に時間を使うのが読書です。ダイバーであれば自然科学系の本を読むことが多くなります。自然への好奇心がないとダイビングの楽しみが半減です。

そこで、数あるダイバーの為の課題図書の中から二つをご紹介しましょう。

ウニはすごいバッタもすごい」と「ゾウの時間ネズミの時間」の2冊。どちらも本川達雄教授の本。

ダイビング中になんとなく見ている生物の生活を科学的に説明してくれるのです。

例えば、イルカは水面より水中の方が快適。魚や人間が泳ぐ仕組み。どうして貝殻はラセンなのか。どうしてヒトデは星型なのか。ウニの筋肉の話。などなど。

サンゴやホヤやウミシダやナマコなど普段は水中の風景として当たり前に見ている生物の不思議も解説してくれます。

知るか知らないかで皆さんの透明度が変わってくるでしょう。是非。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

土曜日, 6月 17, 2017

イルカが砂に字を書いていた、カヨさんとサトさんの映像から

お客さんのカヨさんとサトさんから珍しいイルカの動画をいただきました。お忙しい中本当にありがとうございました。

バンドウイルカの家族がダイバーの前で砂に文字を書いていた、という映像です。ゴールデンウィークの真っ只中でマンタナイト会場での出来事でした。

サトさんが海に入る前に、イルカを会えたらな~とおっしゃっていたので、現実となってよかったです。こんなに近くに寄って来てくれて感動の出会いでしたね。

さて、イルカ達は何をしていたのだろうか?砂のお絵かきになにか意味が込められていたのだろうか?想像すると楽しくなってきます。

もちろんお目当てのマンタも登場してくれてとっても楽しい船の上でした。またお二人にお会いできることを楽しみにしております。

まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

Smile

金曜日, 6月 09, 2017

200メートルの水泳と10分間の立ち泳ぎ

ハワイ島でイルカと泳ぐ
(その先へ~その先へ~と泳いでしまうのが海で泳ぐ楽しさですね。)

200メートル水泳と10分間の立ち泳ぎはスクーバダイビングのライセンスを取る上で必要な体力です。

子供の時に育った環境で水泳が得意か否かが決まるような気がします。学校に水泳の授業があったかないか?スイミングスクールに通ったかどうか?海川湖が遊び場だったかどうか?などなど

水泳は自転車と一緒で一度習うと忘れないものです。大人になって初めて習っても泳げるようになりますので、是非、近くのスイミングスクールに行ってみましょう。

さて、200メートル水泳のスタイルはなんでも大丈夫です。犬かきでもクロールでも。止まらないで泳ぎ続けることが期待されます。時間の制限はありません。

10分間の立ち泳ぎもスタイルはなく溺れずに浮いて居られることが期待されます。巻き足でもうつ伏せでも仰向けでも。

泳げなくてもダイビングはできます、と、ま、よく言います。タンクを背負って海に入ってしまえばそれでダイビングと呼ぶので、たしかに泳ぐ必要がないこともあります。

しかしながら、泳げることが重要なのは緊急事態の時です。例えば、足を滑らせて走行中の船から海へ落ちてしまった場合。

船が助けにくるまで海の上で泳いで待っていなくてはいけません。10分は最低で波が高かったり夜だったりしたら発見が難しくなり余計に時間がかかることもあるでしょう。

水泳は健康管理や体重維持にも効果的なので、ダイビングをきっかけに泳ぐライフスタイルを始めてみてもいいかもしれません。是非。


ハワイ島でダイビングを始めようと思ったらオーシャンスピリットへどうぞ!

木曜日, 6月 01, 2017

ダイビングショップで一番欲しい人材とは?

ハワイ島コナのクルーズシップ
(こんな日がずっと続くといいな~)

最近、同業者と会話をすると「いい人はいないか、いたら紹介してくれ」とよく言われるようになった。従業員を探しているのだ。

ハワイ島で人探しは難しく、土地柄、職種柄人の出入りが激しい。

弊社にも「仕事はないか」と日本からアメリカからよくお問合せをいただく。履歴書を片手に会社にやってきてくれる人もいます。

「仕事はありますよ、空港で街中で旅行者に飛び込みでツアーを売ってきてください」と言うと皆さん苦笑いをして帰っていきます。

さて、5月は誠にありがとうございました。今年のゴールデンウィークは日の並びが良かったのでしょう、たくさんのお客さんが遊びにきてくれました。感謝でございます。

まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

6月もよろしくお願いいたします。


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

木曜日, 5月 25, 2017

ハワイ島の海で散骨ができます

ハワイ島で散骨

弊社でハワイ島の海への散骨チャーターをしています。

僕達の家族もハワイ島の海に眠っています。毎朝海を見るわけですが、いつも想像します。大きな青い海のキラキラ竜宮城で今頃楽しんでいるのだろうな~と。

そして、海へ出る時は「今日もお客さんと僕達の安全をお願いします」と一言。

以前から個別にお客さんから依頼があり散骨チャーターをしていたのですが、ここ数年そのご相談が増えてきました。みなさんなんとなく散骨を意識し始めているようです。

是非、ご相談ください。日本からの準備からハワイまでの手順をお教えできます。

詳しくは、こちらへどうぞ。http://www.hawaiikaisou.com/

水曜日, 5月 17, 2017

ケアウホウ・ストアーのコーヒーとクッキーがうまかった

ハワイ島のケアウホウストアー

店の入口から和洋折衷の臭いがする。昭和の臭いがする。ここはハワイ島だけど。

ハワイ島のケアウホウストアー

店主は美空ひばりさんのサイン入りレコードを誇らしげに見せてくれた。慣れた手つきだ。日本の人が来るとやっているのであろう。その他の昭和スターのレコードを案内してくれたが知らなかった。知らないことがちょっぴりうれしかった。

ハワイ島のケアウホウストアー

昔、おじいちゃんの家にもこんな金庫があったなあ。そこからいつもおこずかいをもらっていた。横からのぞくとすぐ閉められた。

ハワイ島のケアウホウストアー

ロビンソンクルーソー、ラストモヒカン、宝島、三匹の子豚、少年の参考書がしっかりあった。もちろん全て読んだことがあるのだ。昨日読んだ本の内容は忘れているが、子供の頃よんだこれらの本はしっかり覚えている。

ハワイ島のケアウホウストアー

ペン・セネター16/0リール、子供の頃これが欲しかった。映画ジョーズでロバート・ショーがジョーズ釣りに使っていたリールだった。太鼓型のリールで魚を釣ってみたかった。今になって欲しい釣り道具は買えるようになったけど、スーパーで魚を買ったほうが安いと気が付いた。つまらない大人になってしまった。

ハワイ島のケアウホウストアー

子供の頃はコカ・コーラがアメリカだった。高校生の時はバトワイザーがアメリカだった。今は、海苔が内側に巻いてある巻き寿司を見るとアメリカを感じる。

ハワイ島のケアウホウストアー

Tシャツのデザインは蔵からでてきた雑誌の表紙、広告、催し物パンフレットを使ったという。

ハワイ島のケアウホウストアー

フラダンスのお姉さんが古き良きハワイを発見しようと言っている、ハワイで忘れてしまった日本を探そう、と言っている気もする。

ハワイ島のケアウホウ・ストアーでした。場所はこちらです。http://bit.ly/2pBRP2j


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

火曜日, 5月 09, 2017

スポーツクラブの会費の元の取り方

ハワイ島のスポーツクラブ

オーシャンスピリットの会社方針は早起きです。スタッフは毎朝5時に起床。日の出前に、ヨガ、筋トレ、ストレッチ、有酸素、を行い体調を整えます。

思うに、ハワイ生活の基本は「早起きは三文の徳」を実行することかもしれません。

さて、皆さん!今年の夏は「ハワイで水着姿を自慢しよう」とスポーツクラブに入会したけど行っていないと言う人へ会費の元の取り方をお教えしましょう。

クラブに定期的に通える人達はどんな人だと思いますか?(スポーツクラブで働いていたのでいろいろな人と出会った結果。)

  1. 一番続く人は体に怪我や病気がある人。「やらなきゃ」ともくもくと一人で鍛えています。
  2. 仕事で鍛えなきゃならない人。例えば、30歳を過ぎた疲れ気味のダイビングインストラクター。
  3. 趣味で競技スポーツをしている人。会社の部下に「今週末レースがあるんだ」と聞いてもいないのに言いたい人。
  4. 暇な人。公共の図書館を卒業し社交場として使う人々。
  5. 銭湯代わりに使う人。自前のお風呂セットをいつも持っています。実はこの人達がある意味一番長続きするのです。

なので、お風呂代わりにスポーツクラブを使えば誰でも会費の元は取れるはずです。

がんばってね。

Smile


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 5月 01, 2017

ゴールデンウィークがなくなった

ハワイ島のケアウホウストアー

ゴールデンウィーク真っ只中でございます。

ハワイの人も日本のゴールデンウィークをよく知っていて、「日本はGWだろう」とよく言われます。ハワイに日本からの旅行者が増えるからでしょう。

ハワイでお客さんの解放された姿を見るといいな~と思うのです。

勤め人をやめてからはゴールデンウィークがなくなった。またまた、祭日、有給、週末もないので、休みと仕事の境目がなく「明日から休暇だ!」という開放感をずっと味わっていない。

皆さん各々の計画でゴールデンウィークを楽しんでください。また、「来年のGWはハワイに行くぞ」と計画を立てて飛行機の切符を買ってしまいましょう。お待ちしております。

さて、4月は誠にありがとうございました。今月はとっても感動的な再会がありました。

5年前にお会いしたお客さんがハワイ島の海へ散骨に来てくれたのです。そんな貴重な機会にご一緒できたことはとっても光栄でした。言葉には表せない感動がありました。

また皆さんとお会いできることを楽しみにしております。まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

5月もよろしくお願いいたします。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

火曜日, 4月 25, 2017

大人の遊びは道具選びから:双眼鏡編

ハワイ島でバードウォッチング (よく映画で双眼鏡を覗いた時のシーンがあります。双眼鏡の形またはアイマスクの形でシーンが映りますが、あれは嘘です。本当は上のように丸い円形で映ります。)

最近、足腰が弱ってきているので定期的にハワイ島の野山を歩くようにしている。ただ歩いていても飽きてしまうので、野鳥を見ることにした。

バードウォッチングの趣味はないけれど、知識と話の種の補充の為に。

さて、大人の遊びは道具選びからです。野鳥観察には双眼鏡がいる。遊び道具の中でも双眼鏡選び程難しいものはない。本当にピンキリです。

双眼鏡は仕事でも使うのでたくさん持っています、集めているわけではありませんが、お気に入りに達成するまでにたくさん買わなくてはいけなかったのです。

これから双眼鏡を買おうと計画中の人へのアドバイス。

  • 8x42とかの仕様の読み方や、レンズの種類、スタイル、メーカー選びはグーグルして調べてみましょう。双眼鏡屋さんが詳しく書いています。勉強し始めると小学生の時の理科の実験を思い出します。例を1つ
  • でも、書いていないことは、双眼鏡(光学製品)の良さは値段に比例します。僕の経験から予算は最低5万円が妥当でしょう。5万円以下の商品を買うと必ず買い直しが必要になります。
  • 必ず「また買ったの、こないだ買ったでしょ」と家族から言われます。 そして、「よく見えない」と言うと「眼が悪いんじゃない~」とか「下手なんだよ~道具のせいにして」と言われます。
  • また、双眼鏡は練習と慣れが必要で最初は目標物に焦点を合わせるのが大変です。とくに動いているものをとっさに肉眼で探し当て双眼鏡で見直すという時はコツが必要です。

もし、ハワイ島でハイキングに行く人、火山に溶岩を見に行く人、オーシャンフロントのホテルに泊る人、星を見る人、イルカやクジラを見に行く人、はお気に入りの双眼鏡を持参しましょう。

ハワイ島旅行の楽しみがまた1つ増えます。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 4月 17, 2017

ハワイ島で人の家に泊まってみよう

ハワイ島のエアービーアンドビー
ハワイ島では「人の家に泊まっています」とよくお客さんから聞くようになった。Airbnbのような斡旋サイトを利用する旅行者が多くなっているのでしょう。

先日その創業者のインタビューを観ていたら、「最初は空気マットのベットで始まったので、Airbnbとなった」と言っていた。

僕も学生の頃は旅行の際その創業者のように友人のそのまた友人の家に空気マットで泊り歩いた。でも、それがこんなデッカイビジネスになるとは考えもしなかった。あ~凡人なのだ。

さて、ハワイ島旅行を計画されている人は是非そんなお泊りさんサイトをチェックしてみよう。新鮮な体験ができるかもしれません。

今や空気マットで旅行者を泊める大家さんはいないので、賢く選べばホテル以上に快適に過ごせるかもしれません。

豪華プール付き別荘、ゴルフ場の中のコンド、ツリーハウス、牧場、などなど、通常のホテルにない経験ができるかもしれません。

そして、へたなホテルマネージャーよりも大家さんは経営能力が必要になってきているので街のホテルよりもサービスがいいかもしれません。

ハワイ島で宿泊先を選ぶポイントは場所(住宅地の立地)です。ハワイ島は広く住宅地が点在しています。

レンタカーでの移動が必須になるので、グーグルマップで宿泊候補地から移動先までの距離を確認しましょう。

いずれにせよ、旅行スタイルの多様化が激しく選択肢が増え旅行前の計画が大変です。一方、それが楽しいかもしれませんね。

是非。

ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 4月 09, 2017

ダイビングの2つのルール、1は安全に、2はルール1を習う

ベストキット・ミヤギ
(ミスターミヤギは永久に不滅です!)

ダイブアラートネットワークのリポートによりますと、安全ダイビングの為に身に付けて欲しい一番の技術は、適正ウエイトと中性浮力だそうです。

両方とも密接に関わりあっていて、適正なウエイト無しに中世浮力はありません。重要な技術だとわかっているけど、実体はなんなのか?と悩んでいるダイバーが多いみたいです。

適正ウエイトとはどうなれば適正なのか?中性浮力とはどうなればいいのか?という質問がたくさんあります。

ダイビングの技術は安全と快適さを追求する地味な技術です。勝敗や数字の結果に表れるわけではありません。

両者とも習得するには経験と練習が必要です。ダイビングは毎日練習できませんので、1回のダイビングがとっても大切になります。

なので、ただダイビングするだけではなく、目的を持つためにアドバンスなどのステップアップコースに参加されるといいかもしれません。

通常のダイビングツアーでは、インストラクターはお客さんに、危険行為以外の、技術的なお話はあまりしません。

コースに参加されて、ミスターミヤギのようにお客さんが学ぶ姿勢になって初めてアドバイスをするようにしています。

どんなスポーツでも同じですが、今自分が何を目的に練習しているのかを意識しなければ上達はありません。

たかがダイビングされどダイビング、向上心を忘れないでね。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

土曜日, 4月 01, 2017

ハワイ島で仕事半分遊び半分

ハワイ島のハワイアン航空(飛行機に乗ってどっかにいきたいな~)

ハワイ島旅行をしながら仕事をしているお客さんが多くなってきた。仕事関係の電話を受けたりメールのやり取りをすることは今や旅行中の常識となりつつあるようです。

仕事半分遊び半分の旅行スタイルがますます普及することでしょう。通信設備や外注サービスの発展とともに地理や時間に制限されることなく仕事したり遊んだりできる人々が増えている証拠かもしれません。

そんな内容を書いた「週4時間だけ働く」という本が数年前にベストセラーになったことを思い出した。興味がある人はアマゾンしてね。

さて、3月は誠にありがとうございました。新婚旅行や卒業旅行などの記念でハワイ島を訪れたお客さんが多かったようです。

また皆さんにお会いできることを楽しみにしております。まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

4月もよろしくお願いいたします。

Smile


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

土曜日, 3月 25, 2017

ダイビング道具で一番多い故障は?

ハワイ島のダイビング・インフレーター

パワーインフレーターのBCを膨らますボタン②が押された状態になってしまうことです。意図しない給気がBCにされ急浮上の原因になりとっても危険です。

原因は、砂や塩が噛んでしまう、腐食、サビ、Oリングが破損、などなど。

自分のBCを持っている人は、年に一度インフレーターを点検しましょう。長時間使っていない物に故障が多いです。

そして、海に入る前に必ずボタンの試験をしましょう。レンタルはもちろん自前の道具でも必ず毎回実行しましょう。

  1. 給気②と排気ボタン③の場所と動作確認。焦ってボタンを押し間違わないように。
  2. インフレーターから空気ホース①を抜く練習。海の中で強制的に給気を止められるように。

是非!


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

金曜日, 3月 17, 2017

背中がかゆい、ハワイ島のハワイアンモンクシール

(船底で背中をかいているハワイアンモンクシール。かゆい気持ちはわかる。)

今年に入りハワイ島でよくハワイアンモンクシールを見かける。ハワイ固有のアザラシです。とっても珍しいのです。

絶滅に瀕しているアザラシで物の本によるとハワイ州全体で約1400頭しか残っていないようです。なので、ハワイではとっても大切に保護されています。

モンクシールと言われるアザラシは他に2種類いて、カリビアンモンクシールはすでに絶滅してしまいました、もう一つの地中海モンクシールは約600頭。世界で約2000頭しかモンクシールは残っていません。

なぜモンクシール?かと言うと。昔フランスの学者が、容姿がお坊さんに似ていると気が付き呼び始めたそうです。

ダイビングしていると僕たちのそばに目をクリクリさせて近寄ってきます。かわいい奴です。


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

木曜日, 3月 09, 2017

ダイビングは慣れてきたころに怪我をする

ハワイ島のヨーダとダースべーダー
(今まで習ったことがいつも正しいとは限らない - ヨーダ)

ダイビングインストラクターは、お客さんのダイビング経験を何気ない会話の中で聞いています。

実は、経験が多いダイバーよりも初心者の方が安心なのです。経験が新鮮なので無茶をしないからです。

ダイビングの経験と言ってもいろいろな形で説明できます。

  • 人から習う経験アドバンスコースなどの上達講習に参加したかどうか。
  • 練習する経験潜行、中世浮力、他のダイバーのお手伝いなど通常のダイビング活動で自分なりに練習していて疑問を持っているかどうか。
  • 実際のダイビング経験包括的な経験でタンクの本数で表すことが多いです。

でも、経験が危険度を増すこともあります。

  • ダイビングは地域性があるので経験に偏りができがちです水着だけでしかダイビングしたことが無いダイバーが急にドライスーツは使えません。
  • 慎重を怠ることです道具や海況の安全確認や点検を省略してしまう。
  • 危険行為を標準化してしまうダイビング前の飲酒、体調不良、装備の欠如、話を聞かない、虚栄心より危険な行動、などなど。

最後に、経験をログブックに書いておきましょう。苦労したこと、うまくできたこと、できなかったこと、危ないと思ったこと、他のダイバーの行動、感心したこと、海の状態、インストラクターからのアドバイス、などなど、そして次回に役立てましょう。


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

水曜日, 3月 01, 2017

ハワイ旅行中に太らない方法

ハワイのロブスターカレー

ハワイ島旅行中は食事のメニューが変わり食べる量が多くなるので、つい体重を増やしてしまいがちです。

体重を増やさない食事の仕方を自分なりに考えてみよう。一度その旅行スタイルができると旅行がより楽しくなります。

現地の食事、素材、食文化、に自然と興味がわいてきます。旅行の楽しみは食べる事ですからね。

参考に1つ。

1回の食事を少なくし、食事の回数を増やす。

その為に、

  • 一度の食事でドカ食いをしない。量ではなく種類を楽しむ。
  • 他の旅行者と分け合って食べよう。二人で同じ物を買ったり注文をしない。
  • 食べ放題系の食事は避けよう。元を取ろうと必ず食べ過ぎます。
  • お酒は最低限。お酒を飲むと同時に食べてしまうので気を付ける。

ま、あとは、気にせずに食べたいときに食べたい物を食べたいだけ食べて、日本に帰ってから体重計に乗りダイエットを始めればいいかもしれませんね。

さて、2月は誠にありがとうございました。残念ながら高波の為キャンセルが多い月となってしまいました。是非、またハワイ島へお越しください、お会いできる日を楽しみにしております。

まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。

3月もよろしくお願いいたします。

Smile


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

土曜日, 2月 25, 2017

方向音痴の人はハワイでこれをやってみよう

ハワイ島のマウナケア

ハワイ島で毎日道を聞かれる。方向音痴だ!と言う人がカーナビの普及で増えている気がする。

方向感覚は特別な能力ではなく、周囲への注意力です。

次の旅行では紙の地図とコンパスを使って方向感覚を鍛えよう。

  1. 基本的に地図の上が北です。コンパスと地図の北を合わせれば、自分の進行方向がわかります。
  2. 地形や名所など、風景の変化を地図と合わせると自分の現在地がわかります。
  3. そうすると、地図の先へ目が行き、頭の中に地図が思い浮かぶようになります。
  4. 「そういえばここは地図に載ってたな」と独り言を言えるようになります。
  5. 同じ場所に数回通うようなことがあれば、地図を見ながら違う道を使いましょう。北から、南から、西から、東から、進入方向を変えると土地勘がわいてきます。

紙の地図を使うと、自分がどんな経路(どの方向から)で目的地に到着したのかを覚えています。なので、帰る時に自力で帰れます。

一方、カーナビは次に曲がる道を右か左かで表示するだけなので、来た道(どの方向から)を覚えていない。帰る時でもまたカーナビをセットしなくてはいけない。

そして、もし実際の交通事情でお姉さんの声の案内どおりに走れない場合、なにも考えていないので応用がきかず慌ててしまいます。

方向感覚が良い、と言う人は頭の中で地図を書ける人なのです。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

金曜日, 2月 17, 2017

ハワイでチップはティッシュペーパーに包んで渡す

ハワイ島のチップうそです。でも、昔は日本でもそうやってよくチップを払っていた気がする。

おじいちゃんが、旅館に泊った時や、割烹に行った時、孫の子守りを頼んだ時、などなど、あっちこっちでティッシュにお金をくるんで置いていたことを思い出す。

さて、よくお客さんからハワイでのチップに関する質問があります。なかなか返答が難しいのです。僕も毎回、どうしようかな~、と迷います。

時と場所にもよりますしね。人がいくらチップしているのか、は私的で主観的なので良いも悪いもありません。

一般的なチップへの考え方はこれを参考にしてみてください。

昔、チップを払わずに店を出ると、従業員が「ミスター、ミスター、チップ、チップ」と伝票を片手に赤信号で待つ僕の側に寄ってきたこともあります。

一方、チップを貰う仕事をずいぶん長くしていたので、いろいろなお客さんと出会いました。

ガイドブックで覚えるよりも、その国の人がチップをどうしているのかを観察する方が勉強になります。

従業員同士チップの金額で人間関係を壊したり、ちょっとの金額で物事が進んだり、人を笑顔にさせたり、気分を良くしたり、ま、チップは社会の潤滑油となっています。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

木曜日, 2月 09, 2017

ボートダイビングは危険がいっぱい

boats (2)

今年の初ダイブへ行く前に、ボートでダイビングをする時の注意事項を今一度確認しよう。

ボートは止まっていられない。ボートにはタイヤがなく海は舗装されていません。なので、ボートは風、波、潮の影響で常に動いています。同時に上下左右にも揺れています。

自分は近づいていないつもりでも、風に流されたボートに轢かれる場合があります。また、上下左右に揺れているので船体が体にぶつかってくることもあります。

ボートの操縦士を信じない。ボートの操縦士は水の中が見えない。波の間の人が見えない。また死角がとっても多い。

ボートの操縦士から自分が見えているだろう、と仮定してボートに近づかない。泳ぐ前に必ず操縦士と確認をする。プロペラが止まっていることを自分の目で確認する。

ボートには形状上の危険物がいっぱい。プロペラやエンジンはもちろん、ステップやギャップなどが多く足を踏み外して怪我することがよくあります。

ボートは普段の生活で慣れていない形状の空間です。家、車、電車のように人間にやさしくできていません。乗る人間がボートに合わせなくてはいけません。

ボートの従業員のやり方に従う。ボートには固有の使い方があります。従業員が一番安全な方法でお客さんをご案内します。

他にもたくさん注意事項があります。普段からボートやダイビング事故の記事などを読みましょう。事故の種類と原因などを勉強してみるといいかもしれません。


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

水曜日, 2月 01, 2017

花金復活、プレミアムフライデー

ハワイ島のダースベイダー
「人を本気にさせる方法は他にいくらでもある」ーダース・ベイダー

どうやら、日本では2月24日の金曜日からプレミアムフライデーというキャンペーンが始まるらしい。お客さんが教えてくれた。

月末の金曜日には早く仕事を切り上げて帰ろうとか遊びに行こう~という運動らしい。

最初に、遊びを売るセールスマンとして、プレミアムフライデーという名前はどうも遊ぶ気がしない。ビールやチョコレートやステーキの名前のようだ。

やっぱり「花金」でいいと思う。華やかなイメージでいいじゃないか。多分今は死語だろうけど、復活させよう。

今年の新入社員研修では「バブル用語と文化講習」というのを開催しよう。バブル時期を遊んだ中堅社員が講師だ。

花金の他に、ジュリアナ東京、ワンレンボディコン、ランバダ、イタめし、朝シャン、芝刈り、ワイハ、グラサン、スッチー、などなど、を教える。

実技は、ポケットベルを持たせ、テレホンカードに自分の名刺を印刷して営業に行かせる。写ルンですで撮った写真でプレゼンをさせる、などなど。

英語を社内共通語とするよりも、バブル用語を使ったほうが景気が良くなる気がするな~。

さて、1月は誠にありがとうございました。新しい年が始まり、抱負の進捗はいかがでしょうか。また皆さんにハワイ島でお会いできることを楽しみにしております。

2月もよろしくお願いいたします。

Smile


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

水曜日, 1月 25, 2017

泳げない、と思ったらダイビング

ハワイ島で水泳

ダイビングを始めようかな~と思って、考えてみると、あれ「泳げない」という人も多いのではないでしょうか。

ダイビングショップの宣伝には、「泳げなくてもダイビングはできます~よ」とビキニのお姉さんが微笑んでいる。

たしかに、なんとかなるかもしれませんが、大地を「歩け」なければゴルフやスキーが満足にできないように、海で泳げなければダイビング活動は少し大変かもしれません。

今年は、ダイビングを始めると同時に、泳ぎが不得意な人は、水泳に時間とお金を投資してみましょう。水の中にもう一つ自分の居場所を作りましょう。

ダイビングは年に何度も一生楽しめる趣味です。水泳は健康にいい運動です。しかも、両方とも人前で水着になり自分の姿勢を意識する機会を与えてくれます。

泳ぐのは小学校卒業以来だ、と言う人は近くのプールに行って泳力を試してみましょう。

ダイビングに必要な泳力は?以下の2つがライセンスを取得する際に必要です。

自由形で200メートルを快適に泳げる。50センチの高さから水に直接飛び込みそのまま裸で10分間ぐらい水面に浮いていられる。

また、水泳が得意になれば海に対する態度が変わってきます。波、ウネリ、海流を体で感じられるようになり危険を瞬時に察する能力が身に着きます。

是非、今年は自分の泳力を改めて見直してみましょう。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

火曜日, 1月 17, 2017

新しい友人がいない、と思ったらダイビング

スターウォーズ・ヨーダ
「やるかやらないか、とりあえずはない」- ヨーダ

さて、「最近、新しい友人がいないな~」という人は、ダイビングを始めて友人をつくろう。

実は、ダイビング活動は利害関係のない人と出会えるいい機会なのです。職業、性別、年齢などに関係なく一緒に遊べるからです。

そして、ダイビングショップはダイバーが集う場所です。弊社でもたくさんのダイバー達が友人関係を築いています。

同じ船の上で積極的に会話を楽しみましょう。

  • 自分から微笑む。自分から挨拶する。自分から話しかける。待っていても始まりません。
  • 話しかけるきっかけは、人の持ち物、時計、洋服、入れ墨、ネイルのデザイン、香水、などなど、外から見えるものを褒めたり、質問する。
  • 他のグループが話している内容にピンと来たら話に加わる。 
  • 知ってる事でも、知らないフリをして質問して話を聞く。
  • スキを作る。わざと人前でバカになる。人が話しかけやすくなります。
  • などなど、昔、子供の頃に飲み屋のお姉さんに教わったことが多いですけど。あとは、デイル・カーネギーのクラシックを読んでもいいかもしれません。アマゾンしてね。

社会人になってしまうと会社や仕事関係のお付き合いばかりになりがちです。新鮮な出会いを求め海に行こう。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

月曜日, 1月 09, 2017

ダイビングを始めたいなと思ったら・・・

ハワイ島でダイビング

今年はダイビングでも始めるか~という人へ、是非ご相談ください。次の旅行はハワイ島へダイビングを習いに行こう。

さて、ダイビングを始める際に:

通常のダイビング活動はダイビングショップやサービスを通して行うことが多いです。

街にあるダイビングショップが海まで連れて行ってくれたり、または、自分で海まで行って現地のサービス(弊社はハワイ島のダイビングサービス)を利用したりする方法があります。

多くのダイビングショップでは以下の3種類の商品を提供しています。

  1. 体験ダイビングツアー(誰でも飛び込みで参加できるツアー)
  2. 経験者向けのツアー(Cカードというダイビング技術の認定書をもっている人が対象)
  3. そして、そのCカード取得講習(机上の勉強と海での技術練習)

ダイビングを始めるにあたって、一番のオススメは最初に体験ダイビングに参加してみることです。水の中での活動が自分に合っているかどうかを試してみましょう。

そして、水の中でも快適でダイビングに興味が出てきたらCカード取得講習へ挑戦してみよう。

友人や知り合いにダイバーがいたら話を聞いて情報取集をしてみましょう。実際になにが必要か、なにが大変か、なにが面白いか、そして、心や体の準備を教えてくれるでしょう。

同時にインターネットで下調べ。ダイビングショップをグーグルして頭から5~6つのショップの内容を読んでみれば概要、用語、値段相場が解ってくると思います。

最後に、大事なことは、ひとりでもダイビングを始めましょう。誰か一緒に行く人いないかな~と思っていては事は進みません。

「1人で行って現地で新しい友人をつくる」、この心構えがダイビングでは大切です。泳げる事より重要です。


ハワイ島でイルカとマンタとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!

日曜日, 1月 01, 2017

新年です。遊び心を忘れずに・・・

ハワイ島のマウナケア

ハワイ島のマウナケアに雪が降った。ハワイでスキーができる。

日本からの旅行者がイメージするマウナケアは、星空、夕日、朝日、でしょうか。誰もが一度は訪れる観光地となっています。

一方、僕は星空を見上げて「先の世界に思いを巡らす」という高尚な趣味はなく、頭の中では、星と言えばデススター。

なので、僕はマウナケアを見ると真っ先に雪とスキーが頭に浮かびます。山肌が白くなると、「それ行け~」と山に登ります。

もちろんスキー場ではないのでリフトはありません。おっちらおっちら坂道を上る山スキーです。野沢菜もカレーもラーメンもなめこ汁も売っていません。

望遠鏡の間を滑るスキーなので、それはそれでダイナミックで面白い。今ではお気に入りのスロープがいくつかあり積雪によってコースを変えている。

とはいえ最近は自作ソリで滑ることが多い、風が強くなるとアイスバーンでカチカチになるのでスキーで滑るには危険が伴うからです。怪我が怖くなってきた。

ソリも真剣にやると面白い。ソリの素材により雪面との摩擦で速い遅いに差がでてくる。空気抵抗も考えるようになる。形状も重心も重要になってきます。

隣を滑る子供が僕よりも速く抜かされると競争心がわいてくる。「どうしてそんなに速いのだ~」と。

昔見ていたテレビ番組(ビックリ日本新記録)を思いだす。冬になると自作ソリで速さを競う番組だった。知っている人だけ。

大人の遊び心がたっぷりな面白い番組だった。

さて、2017年です。皆さんいろいろ抱負を考えていることでしょう。遊び心を忘れずに楽しい一年にしましょうね。

今年もよろしくお願いいたします。まだまだ至らぬ事多々ございますが行く末万端よろしくお願いいたします。


ハワイ島でマンタとイルカとダイビングはオーシャンスピリットへどうぞ!